投資

【日経電子版に掲載されました】QUICK資産運用研究所さんに取材を受けた話【入るを量りて出ずるを制す】

こんにちは、ザリガニです。

 

過日、QUICK資産運用研究所さんに投資に関する取材を受けました。その内容が日経電子版・投信コラムに掲載されました。

 


スポンサードリンク

不肖ザリガニ、取材をうけることになりました

ある日私宛に届いた一通のメール。差出人はQUICK資産運用研究所さん。

メールの内容は日経電子版・投信コラムの記事のために私のことをインタビューしたいとのこと。

 

投信コラムのブロガーインタビューの趣旨はこんな感じなんだとか。

長期投資の裾野と成功体験の輪を広げる趣旨で、「投信ブロガーの皆様の資産運用内容の現状や過去からの変遷、その理由や考え方、これまでの失敗例や成功例、 これから投資に踏み出す若者へのアドバイス、など」 のインタビュー記事を掲載しております。

私にとって日経電子版・投信コラムとは、インデックス投資のブロガーさんたちが紹介されている場。

 

一方で私のメイン資産は米国個別株・ETF。こんな私でほんとによいものかと確認させていただき、インタビューをお受けすることと相成りました。

 

のちに伺った話なのですが、投資信託系のイベント(インデックス投資ナイトやファンドオブザイヤー、証券会社主催のブロガーミーティング)に私が参加しており、その際のブログレポート記事を載せていたことや、イベントの感想をQUICK資産運用研究所さんとお話させていただいたことなどが取材依頼のきっかけだったようです。

スポンサードリンク

いざ取材へ

さかのぼること2月某日。取材はQUICK資産運用研究所さんのオフィスにて。

事前質問をメールでやり取りを行いつつ、取材当日は2時間ほどたっぷりお話をしました。

そして出来上がったのがこちらの記事

記事はこんな導入文から始まります。

「入るを量りて出ずるを制す」。ザリガニさんの投資スタイルは家計簿をきっちりつけて収入と支出を細かくチェックし、余ったお金を貯金や投資に回すのが大きな特色。

引用:日本経済新聞 投信コラム 30代ザリガニさん、家計簿のススメ

 

取材の中で、社会人になって以来およそ8年間ずっと家計簿を付けてきた話をしました。その時のエピソードが反映されたようです。

入るを量りて出ずるを制す

入るを量りて出ずるを制す」ってなんだか良いフレーズですね。

私も気に入りました。

よくよく調べてみると、この言葉は、儒教の経典である『礼記』に由来する故事なんだそうです。

収入の額を計算し、それに見合った支出をするということ。

二宮金次郎の言葉としても有名なんだとか。(この取材の中で私は初めてこの言葉を知りました… 浅学がバレます 汗)

 

私が貯金体質をつくれたこと、投資を始めることができたのは、家計簿をつけていた習慣にさかのぼると思っています。

私の投資に対する原点や考え方ここに凝縮されているように感じられて、とてもうれしく感じました。
スポンサードリンク

自分のこれまでを改めて振り返ってみる

取材にあたって、私の来歴についていろいろな事前質問を受けました。

  • 私自身のバックグラウンド
  • 投資開始時期と開始のきっかけ
  • 投資の資産配分比率の変遷、なぜその資産配分にしたのか
  • 投資資産の推移、運用成績
  • 目標リターン(年率)やリスク、投資の目標、投資の出口
  • 投資方法へのこだわり
  • 毎月の投資額
  • iDeCoやNISAの活用の有無
  • 資産運用をしてよかったと思うエピソード、成功体験、失敗体験
  • ブログを始めたきっかけ
  • 趣味
  • などなど

 

振り返ってみると、投資をはじめたのは2013年の春、そして今が2019年。投資歴7年目に突入したことになります。

私の株式投資の遍歴は、今回の日経電子版の記事こちらの当ブログ記事をお読みいただければと思うのですが、正直な所、投資そのものによって資産を拡大できたという実感はあまりありません。(今回のような取材を受けているのにも関わらず、本末転倒感がありますが 汗)

 

それでも、今思うのは、

  • 最初は元本200万円から始めた投資。それが500万、1,000万と資産をすこしずつ増やしていくことができたこと。
  • そしてこの虎の子の資産を株式や投資信託として市場に暴露させていること。(ほとんどが入金由来の資産だったりしますが 汗)
  • ザリガニ家の生活防衛資金を18カ月分を蓄えられたこと
  • 家計のコントロールができるようになったこと
  • 料理・自炊ができるようになったこと
  • 収入・支出のやりくりができるようになって、経済的・投資的な意味合いで生活の基盤を整えられたこと
  • 自分にとってのお金の価値観・使いどころが明確になってきたこと
  • お金や税金、資産形成ににまつわるいろんな知識・経験を手に入れることができたこと
  • 安易な動機から先物取引に手を出して、手痛い失敗をしたこと
  • ブログをはじめて、より多くの個人投資家さんやブロガーさんと交流できるようになったこと。
  • そして今回の取材のようか貴重な経験を得られたこと

 

投資そのものから得られる利益はもちろんのこと、投資やブログを通じていろいろな無形資産をつくる・得ることができたと思っています。

 

20代半ばから後半にかけて、投資に対していろんな試行錯誤をしてきました。成功体験もあれば失敗体験もあります。社会人になってからの早いうちに、上記のようなことを体験できたことは何よりだと思っています。

スポンサードリンク

 

投資というものをきっかけに、いろんな体験や学び、出会いがあり、それぞれの点が今、結びついてきているのかな、という気がしています。

折しも、当ブログをはじめたのが昨年のゴールデンウィークで、ちょうど1年というタイミングとも重なりました。

 

これまでが種まきであったとするならば、これからは水や肥料を与え続けたり、土壌を改良したり、はたまた畑の面積を広げたりという感じでしょうか。

まだまた花が咲いた、果実が実ったといったような実感は得られません。投資の複利効果が発揮されるのももう10年、20年とかかるでしょう。

 

もちろん現時点でも学びたいこと・実践したいことはたくさんあります。

できるところから、一歩ずつ、そして無理なく、続けていこうと思います。

引き続き、オン・オフ共にどうぞよろしくお願いいたします。

 

ザリガニ 拝

###
関連記事です。

今回の記事と重なる部分もありますが、私の投資来歴です。

ザリガニの投資遍歴の話こんにちは、ザリガニです。 私は2013年の頃から投資を始めて、現時点で6年目くらいになります。 いまは米国・外国株を中心と...

 

夫婦の家計簿管理には、マネーフォワードを使っています。

夫婦の家計簿をマネーフォワードで付けることにした話こんにちは、ザリガニです。 私は社会人になって以来、これまでおよそ8年間にわたってエクセルで家計簿を付けてきました。 今回の...

 

今回の日経記事内で触れられていた、ファイナンシャルプランナーさんの本は以下の2つです。この2冊に影響を受け、私の資産形成と投資が始まりました。今も考え方の基盤になっています。

社会人1年目のあなたにおススメしたい本:お金に関する基本的なルールを学ぶこんばんは、ザリガニです。 今日の話は、私が社会人2~3年目の頃に「もっとお金に関する知識を増やしたい」、「お金について何をすれば...
【初めての人向け】安心して投資を始めるために読みたい本の話こんにちは、ザリガニです。 前回の記事では、社会人になりたての方にお勧めの本「20代のいま、やっておくべきお金のこと (中村 芳子...

 

投資における私の大きな失敗談。先物取引で失敗した話です。

【投資の失敗談】先物取引で100万円を溶かしてしまった時の話・・・こんにちは、ザリガニです。 今回はタイトルの通り、先物取引で約100万円を溶かしてしまったときの話を紹介したいと思います。いまでも...

 

2018年の配当実績と、2019年の配当金受領予想です。毎月の配当金額を大きくしていくのが私のメインの目標です。

2018年の年間配当金の実績(2,840ドル)と2019年の配当金見込み(5,160ドル)こんにちは、ザリガニです。 2018年の配当金の情報が出揃ったので年間実績をまとめました。合わせて、2019年の年間の配当金見込み...

 

おまけです。姉妹サイトで自炊・料理ブログも最近始めました。

 

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
アバター
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマンをしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です