家庭のこと

【楽天3点セット】楽天証券・楽天銀行・楽天カードを使ってシンプルな積立投資の環境を作り、家計力もアップさせる話

こんにちは、ザリガニです。

 

妻の非課税優遇枠の口座を活用するため、楽天証券でつみたてNISAとiDeCoを始めることにしました。

活用するのは楽天3点セット(楽天証券・楽天銀行・楽天カード)です。

*ちなみに、この楽天3点セットという言葉はNightWalkerさんの発案だと私は認識しています。

 

楽天3点セットを利用することで、シンプルかつ自動的、そして家計にも優しい投資の仕組みを整えることができます。

 

具体的に狙っていくメリットは以下の内容です。

定期積み立て&ほったらかし状態で管理できる資産形成の仕組みを作りたい。

・給料の振込口座と銀行、証券口座を連動させ、投資用資金の流れを自動化させたい。

・銀行の普通預金で0.1%の金利を得たい

確定申告なしの仕組みにしたい。

・携帯電話は格安スマホに切り替えて、固定費を安くしたい

・ふるさと納税を活用して楽天ポイントをたくさん手に入れたい

・得られるポイントは、携帯電話の支払いや投資信託の購入に充てたい

 

どうして楽天証券を選んだのか、具体的にどうすれば上記のメリットを受けられるのか、記事にまとめました。

それでは、どうぞ。


スポンサードリンク

夫婦としての資産形成

入籍したことに伴って、これからはザリガニ家という世帯単位の資産形成にシフトします。

夫婦共働きで二馬力です。投資についても税制の優遇制度を二馬力で活用していきます。

 

今年1年はお互いにやることが多々あるので、それぞれが優先して取り組むべき分野に注力していきます。

妻は今年は仕事のキャリアアップのための取り組みや、英語の勉強に集中することになると思います。私もサポートをしていきます。

 

夫婦2人で暮らしているからって、同じ事柄に対してお互いが同じレベル・知識、経験である必要はないわけです。

お金のことについては私の方が詳しいかなと思います。現在、投資・資産形成の面では私が主担当です。

とはいいつつも、妻は妻でもともと山崎元さんや大江英樹さんの本を読んでいたりと、ある程度の知識を持っています。

 

お互いに得意な分野や強みを活かして生活していきます。

 

楽天証券を妻の投資用口座にした

これからは妻の非課税口座枠(つみたてNISAやiDeCo)も活用していきます。

選んだ証券会社は、ずばり、楽天証券です。

 

妻の投資環境づくりで意識したことは、

  • 運用や管理に手間をかけないこと、できるだけシンプルな仕組みをつくること

です。

スポンサードリンク

なぜ楽天証券を妻用の証券会社にしたのか?

大きく分けて6つの理由があります。

1.  長期投資で基本的にほったらかしの仕組みを作りたかったこと

私は独身時代、米国高配当株やETFを中心に投資をしてきました。

任意のタイミングで個別銘柄の買付をします。米国株購入のためにドルの買付もやっています。つみたてNISAで積立投資もしています。確定申告も毎年しています。

こんな感じでいろいろごちゃごちゃやっています。

 

一方で、妻にはシンプルに分かりやすく、売買を最小限にしつつ、積み立てをしながら長期的な目線で着実に資産額を増やしていく手法が良いだろう、という私の思いがありました。

将来にもしも私が…。ということを考えるのは野暮ですが、できるだけシンプルで分かりやすく、半自動的に積み立て投資が進んでいくような仕組みが本人の負担にもならないと考えたからです。

妻自身、今後お金や投資の勉強をしていきたいという意思を持っています。その時がきて、詳しくなってきたら自らの意志と判断で投資の手をひろげてもらえたらよいなと思っています。

 

ということで、世帯で資産形成を考えていくならば、手間がかかる部分(個別株購入、外貨両替、確定申告など)は私の方で請け負おう、という判断に至りました。

 

2. つみたてNISAとiDeCo両方を行うことから、証券会社を1つに絞りたかったこと

妻はこれまで証券会社の口座を持っていなかったので、口座を開設するところから始めます。

利用する枠はつみたてNISAとiDeCoです。

つみたてNISAとiDeCoをそれぞれ別の証券会社で運用するという手もあるのですが、運用管理の手間も増えますので、同じ証券会社内で完結させたいという思いがありました。

 

なお、楽天証券のiDeCoは、eMaxis Slimシリーズやニッセイシリーズの取り扱いがありません。ここが一つのネックでした。しかしながら、楽天VTIと楽天VTを取り扱っています。この2本を活用できればiDeCo枠内での運用自体は問題ないでしょう。おそらく楽天VTIを選ぶことになると思います。

 

一方で、つみたてNISAは楽天バンガードシリーズはもちろん、eMaxis Slimシリーズやニッセイシリーズも購入できます。

つみたてNISAとiDeCoをあわせたアセットアロケーションで考える場合、つみたてNISA内で購入商品の比率を変更し、アセットアロケーションの調整をすればよいと考えました。

スポンサードリンク

3. 確定申告の手間を避けたかったこと

投資をしていると、確定申告が必要になってくることがあります。

この点でも、手間がかからずシンプルな仕組みを作りたいと思っていました。

前項で書いたように、妻の投資用口座はつみたてNISAとiDeCoです。無分配型の商品を選んでおけば、積立期間中の確定申告の必要はありません。

必要となってくる手続きは、年1回、勤務先の年末調整でiDeCoの掛け金の所得控除を申告することだけになります。これだけです。シンプルです。

 

4. 楽天ポイントと投資の相性が良いこと

楽天証券では、投資信託の購入に楽天カードが使えます(iDeCoは除く)。

もちろんつみたてNISAの投資信託も対象です。

 

しかも、投資信託購入額の1%が楽天スーパーポイントとして付与されます。このポイントは楽天証券の投資信託の購入にも使えますし、楽天市場や楽天モバイルの支払いなどでも利用可能です。

つみたてNISAの年間拠出額が40万円ですから、この枠に合わせると4000pt分を受け取ることができます。

なお、投資信託購入によるポイント付与の上限は月500pt(投資信託5万円購入時)です。

楽天カードで投資信託の積立購入が可能になった話|積立額の1%にポイント付与|つみたてNISAにも対応こんにちは、ザリガニです。 本日8月29日、楽天証券からプレスリリースがありました。 概要は以下の通りです。 ...

スポンサードリンク

5. 楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジを活用して複数のメリットを受けられること

楽天証券と楽天銀行の口座を連携させる「マネーブリッジ」を活用することで、以下のようなメリットを受けることができます。

  • 楽天銀行の普通預金金利が0.1%
  • 投資信託の残高(iDeCo除く)に対してポイントがたまる
  • 楽天銀行と楽天証券間で自動出入金(スイープ)が利用できる

 

ザリガニ家では、妻の給料口座を楽天銀行にしてあります。

楽天銀行に妻の給料が毎月振り込まれてきます。

 

つみたてNISAは先述の通り、楽天のクレジットカード決済で購入します。後日楽天銀行で引き落とされます。

iDeCoについても、楽天銀行を掛金引落用の金融機関として利用できます。毎月26日に引き落とされます。

このような流れでつみたてNISAとiDeCoによる投資を自動化できます

 

さらに、マネーブリッジのサービスと相まって、楽天銀行の普通預金に金利0.1%が付きますし、つみたてNISAの残高に応じて楽天ポイントが付与されます(投資信託の残高10万円ごとに4pt/月)。

楽天銀行を給料やボーナスの振込口座としておくことで、定期的に入金が見込めます。普通預金口座にもかかわらず、この口座に金利0.1%が適用されるというのはとても魅力的です。生活防衛資金の置き場所としてもよいでしょう。

 

さらに、楽天銀行のハッピープログラムも利用すれば、ATM手数料が最大7回/月無料になったり、他社振込手数料が最大3回無料楽天銀行間の手数料が無料で利用できるなど、さまざまなメリットを享受できます。

楽天銀行の預金は、セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、イオン銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行などのATMで引き出せますから。利便性もばっちりです。

 

6. 楽天関係のサービスを活用して、家計の健全化に資すること

楽天経済圏のサービスを活用することで、家計を健全化することができます。

一例をあげると以下のようなサービスです。

  • ふるさと納税を活用して楽天ポイントを得る
  • 格安スマホの楽天モバイルを使う
  • 楽天モバイルの料金を楽天ポイントで支払う

 

ザリガニ家では、各種楽天ポイントとふるさと納税などを活用して、楽天モバイルの支払を出来るだけ楽天ポイントで支払える体制を作りたいと考えています。

 

妻のふるさと納税枠については、ワンストップ特例制度を利用して確定申告不要にしようと思います。納税先の自治体を5つ以下に絞ればOKです。

(一方で、私自身は外国株式の配当の外国税額控除の兼ね合いで確定申告をしますから、ふるさと納税は自治体の数にこだわらず利用できます。)

 

携帯電話という固定費を抑えたい、ふるさと納税を使って食料品や日用品を受け取って日常生活の助けにしたい、といったように家計改善に貢献してくれます。

スポンサードリンク

おわりに

ザリガニ家では妻の資産形成をサポートするために、楽天3点セット(楽天証券・楽天銀行・楽天カード)を活用して、シンプルかつ自動的、そして家計にも優しい投資の仕組みを整えていきます

最初の設定や口座の開設は少し労力がいりますが、1度仕組みを作ってしまうと、その後の管理やコストパフォーマンスは著しく高くなるのではないかと感じています。

 

参考にできる点がありましたら、お役に立てていただけたらと思います。

それでは、また。

楽天証券
 

###
関連記事です。

楽天証券で投資信託を購入する際、クレジットカードによる決済が使えるようになりました。楽天ポイントも1%分付与されるので、大変お得です。

楽天カードで投資信託の積立購入が可能になった話|積立額の1%にポイント付与|つみたてNISAにも対応こんにちは、ザリガニです。 本日8月29日、楽天証券からプレスリリースがありました。 概要は以下の通りです。 ...

 

他の証券会社でつみたてNISAを開始した人でも楽天証券へ移管できます。時期的な制限がある点は注意です。

つみたてNISAやNISAの口座は他の証券会社へ変更可能!こんにちは、ザリガニです。 前回の記事で、楽天証券において楽天カードで投資信託の積立購入が可能となり、積立額の1%にポイントが付与...

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
アバター
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマンをしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です