投資

【売買記録】楽天株を売却した話|約65万の損失を確定。そして反省…

こんにちは、ザリガニです。

 

5月25日、楽天株を900株売却しました。

 

奇しくも時を同じくして、チョコ氏のツイッターとブログにて、楽天売却を勧める記事が書かれていました。

 

楽天を売却した理由

もともと楽天株は2015~6年くらいから保持していたもので、いつか上がるだろうと淡い期待をもちつつ、ずるずるここまで持ち続けていました。取得平単価は1,455円でした。

 

楽天株価(SBI証券 チャートより抜粋)

 

私が楽天を売却した理由も、チョコさんの記事にあるものとほとんどおんなじですね。

  • 1年間以上の株価下落
  • 本業であるeコマースの将来性
  • 楽天モバイルに対する事業環境の見通し
  • 現時点での配当利回りは0.61%(購入時だと、利回りはなんと0.3%前後…!)
  • ヴィッセル神戸、イニエスタを獲得(←最後の決め手)

私はサッカーは詳しくありません。各種報道をみていると、世界への広告効果やJリーグ界への貢献など、ポジティブな要素もあるようです。

ただし、チョコ氏も指摘しているように、サッカー選手よりも本業でやることがあるだろう!と思ったのが正直なところです。イニエスタ獲得のニュースが売却の決心を後押ししました。

楽天銀行のサービスや楽天証券の楽天バンガードなど、お世話になっているサービスもあり、楽天グループとして応援したい気持ちもありました。しかしながら、それ以上に持ち続けたいというモチベーションがなくなってしまいました。

2018年に入ってから、米国株投資への切り替えを進めてきており、楽天株の取り扱いもどこかで決断しないとな、と思っていたところでした。65万…。

 

損出し対応をしよう

これまたタイミングがいいのか悪いのか、はちどうきゅうどうさんとたぱぞうさんが、損出しについての記事を書かれていました。

2018年に得られる配当収入とぶつけて税金負担を抑えようと思います…。(遠い目)

 

終わりに

ほぼ半額となった段階での売却となりました。これだけの下がり幅で株を売却するのは初めてです。

2013年、楽天イーグルスがパリーグ初優勝・日本一になったときの株価急騰で大きく利益を得た思い出を引っ張り続けたツケかもしれません。。

 

この分は約3000ドルずつ、VTIとVYMの購入に充てようと思います。

 

ちょうどこの週末、敗者のゲームを読み直していました。ありとあらゆるところで「負けない投資」、「損をしない投資」の重要性について説かれており、本当に本当に反省しております…。

 

恥ずかしい恥ずかしい話ですが、これも記録の一つとして記事にしておきました。

それでは、また。

ABOUT ME
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマン(研究開発職)をしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です