投資

マネックス証券で米国株取引をする強みをまとめた話【取引最低手数料が撤廃】

こんにちは、ザリガニです。

2019年7月4日、マネックス証券が米国株取引の最低手数料を引き下げることをアナウンスしました。

その後、楽天証券やSBI証券も呼応するように最低手数料の引き下げを発表し、最終的には3社ともに米国株の取引最低手数料が撤廃されました。

 

各社の手数料比較
(2019年7月22日以降より適用、税抜き)

米国株式・ETFの
取扱銘柄数
売買手数料
(1回あたり)
最低
手数料
上限
手数料
SBI証券 約2,150 0.45% なし 20ドル
楽天証券 2,075
マネックス
証券
約3,300

*ADR含む。データ元:各社プレスリリース(SBI楽天マネックス)ならびにSBI証券、楽天証券、マネックス証券の各サイトから(19年7月13日時点、筆者調べによる)

 

新しい手数料体系での取引が、7月22日より開始されます。

今回は、マネックス証券で米国株取引をした時の強みについてまとめてみました。

それでは、どうぞ。


スポンサードリンク

米国株の最低取引手数料が引き下げられたということの意味

個人投資家にとっては大きな意義があります。

  • 取引手数料を気にせず、1株単位・少額単位で買えるようになった。

という点です。

 

これまでは、取引手数料0.45%に加えて、最低手数料5ドルという縛りがあったために、1,111ドル未満で取引をする場合は、購入代金に対する手数料比率が高かったんですね。

 

米国株式の良いところのひとつに、1株単位で株を売買できるという点があります。Appleなら200ドル前後、コカ・コーラなら50ドル前後といった具合です。(いずれも7月15日時点)

日本株だと、基本的に取引単位が100株、1000株だったりするので、1銘柄を買うための資金量が大きくなりがちです。少なくとも数万単位、一般的には何十万単位というのが多いです。

 

今後、米国株を取引するとき、

  • 気になっている銘柄を打診買いしたい
  • 配当再投資を行いたい
  • 勉強を兼ねて、その銘柄を買い付けたうえで値動きを注視したい

など、1000ドル未満の少額取引をするときに、より取引がしやすくなったといえるでしょう。

 

他にも、こんな活用法ができます。バフェット太郎氏のルールを参考にしたポートフォリオ作成法です。

【米国株買付手数料が低くなるメリット】総額2,500ドルでバフェット太郎氏の10種法が再現できるこんにちは、ザリガニです。 最近、米国株界隈では大きなニュースが立て込んできましたね。 19年7月4日、マネック...

 

マネックス証券の強み

さて、マネックス証券で米国株取引をする際に、どの点が強みなのでしょうか?

取引手数料体系がSBI証券・楽天証券と横一線となったため、それ以外の面にフォーカスしてみます。

 

スポンサードリンク

銘柄数

マネックス証券の強みのひとつは、米国個別株・米国ETFの取扱銘柄数が3,300超あることでしょう。SBI・楽天証券が2000種類台であることを踏まえると、選択肢が豊富なのは魅力です。

サクソバンク証券が6,000銘柄以上を取り扱っているものの、こちらは特定口座に対応しておらず、一般口座しか使えないのが弱みです。

確定申告のための管理・手間を考えると特定口座を利用する方がよいです。取り扱い銘柄数と特定口座の組み合わせを踏まえると、マネックス証券のバランスが良いです。

 

無料で株価をリアルタイム表示できる

マネックス証券では、米国株式のリアルタイム株価を無料で見ることができます。

他社の場合、15分遅れの株価表示となり、リアルタイム表示には有料版の申し込みが必要です。

取引注文を出すときや決算や各種の重要な統計・ニュースで相場が動くときなど、リアルタイム株価が見られる状態なのは安心ですね。

 

逆指値の活用

主に売却ルールを設定しているときに活用できる方法です。ある保有銘柄について、買値から例えば10%下がった時に売却注文を出す、というような設定をしておくことができます。

また、マネックス証券の有効注文期間は90日です。逆指値を活用し、保有銘柄の損切りラインを設定しておくと、精神衛生上良いかと思います。みんながみんな、毎日株式市場をチェックできるわけでもないですからね。

 

スマホアプリが使える。利用料も無料

米国株スマホアプリを利用すれば、外出先や電車の中など、場所や時間を問わずに株価を閲覧したり、注文を出したりすることができます。通勤時に保有株の状況をチェックすることにも活用できます。

米国株スマホアプリの利用は無料です。マネックス証券で外国株取引口座を保有していれば、誰でも利用可能です。

米国株の注文受付も24時間可能ですから、いつでもスマホが手元にあれば株価チェック・注文可能なのは心強いです。

 

マネックス証券の注意点

マネックス証券を使用する際に、1点だけ注意しておくことがあります。

それは、為替手数料が1ドルあたり25銭かかるということです。こちらはSBI証券(単体)、楽天証券と同水準です。

しかしながらSBI証券は、住信SBIネット銀行を活用すると、外貨為替手数料1ドル4銭(普通買付)または2銭(積立買付)で取引できます。ここは注意しておきたい点です。

 

スポンサードリンク

マネックス証券のキャンペーン

先に述べた通り、マネックス証券では、SBI証券-住信SBIネット銀行と比較して為替手数料が割高な面があります。

しかしながら、半年間の限定期間ではあるものの、マネックス証券でドル買付時の為替手数料が無料で利用できます。

この期間においては、マネックス証券が3社(楽天・SBI・マネックス)の中でコスト最安になります。

 

引用:マネックス証券 Webサイト

マネックス証券を活用する場合、その強みは取扱銘柄数の多さでしょう。SBI・楽天と比較して、1,000以上も多くの銘柄を取り扱っています。

また、米国株のスマホアプリが利用できる点も大きいです。SBIや楽天には無い点です。スマホアプリを使いつつ、無料で株価をリアルタイム表示できる利便性もマネックスの良いところです。

特に、スマホを介した取引が便利にできるのは個人的な好みです。

ぜひ一度、その使い勝手を確認されてみてはいかがでしょうか。

 

\マネックス証券で口座を開設する/
マネックス証券

それでは、また。

###
関連記事です。

裁定取引手数料が撤廃されたことで、取引コストをおさえつつ、少額での米国株式運用ができるようになりました。活用法のひとつとして、バフェット太郎氏のルールを参考にしたポートフォリオ作成法を考えてみました。

【米国株買付手数料が低くなるメリット】総額2,500ドルでバフェット太郎氏の10種法が再現できるこんにちは、ザリガニです。 最近、米国株界隈では大きなニュースが立て込んできましたね。 19年7月4日、マネック...

 

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
アバター
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマンをしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です