お金のこと

幸せはお金で買うことができる!|幸せになるためのかしこいお金の使い方を身につけたい話

こんにちは、ザリガニです。

 

投資を通じて資産を最大化する。

多くの人にとって、投資はお金を殖やす・生み出す手段であって、目的そのものではないと思います。

大切に育ててきたお金を単に浪費するのではなくて、自分も周りも幸せになれるような方法で使いたいですよね。

 

「幸せはお金で買える!」と聞くと、うさんくさく聞こえるかもしれません。

今回紹介する本は、「どのようにお金を使うことで、どのようにお金の使い方を変えることで、よりしあわせを感じることができるのか?」を科学的・心理学的に研究した本です。

筆者らは本書の中で、大型テレビの前で時間を過ごす、郊外の大きな持ち家で過ごすことよりも、もっと幸福になれるお金の使い方を紹介しています。

 


<スポンサードリンク>


年収と幸福度の関係

ノーベル経済学賞の受賞者であるダニエル・カーネマン(プリンストン大学心理学教授)は、収入と幸福度について次のような関係を明らかにしました。

世帯年収が7万5000ドル以下の人では、「喜び」や「満足感」といった感情は収入の上昇に比例する。

年収が7万5000ドルを超えると、それ以上お金を稼いでも、日々感じる幸福にまったく影響が表れない。

一定の収入を得られるようになると幸福感は頭打ちになるということですね。たびたびWebやニュースで話題になることなので、一度は聞いたことがある人も多いと思います。

 

日本でも、世帯収入の増加に伴って幸福感は増大し、ある一定の収入レベルを超えると、幸福感はそれほど変わらない、というデータがあります。数字は諸説ありますが、世帯年収が600~800万円を超えたあたりが幸福感が一定になるラインと言われています。

引用元:平成26年 内閣府 「人々の幸福感と所得について」

上記のアメリカの研究でも「7万5000ドル」が基準になるとありました。これは1ドル100~110円とした場合、日本円で750~825万円に相当しますから、おおよそ日本でも同様の傾向であることが分かります。

 

幸せになれるかしこいお金の使い方

収入がある程度一定のレベルが確保できるようになると、幸福感はそれほど変わらないというデータを紹介しました。

 

次に出てくるのは、以下のような疑問です。

研究の多くは、 収入が増えてもわずかしか幸福度は上がらないと結論づけているようでした。(中略)お金で幸福は買えないとよく聞くけど、それって本当? もっと別の、もっと賢いやり方でお金を使ったらどうだろう……?

引用元:「幸せをお金で買う」5つの授業
(著:エリザベス・ダン/マイケル・ノートン)

 

この問いを多面的かつ科学的に解き明かしたのが本書です。

本書の中では、以下に示す5つの原則を紹介しています。これらの原則は心理学研究・調査に基づいたものです。

  • 原則1 経験を買う
  • 原則2 ご褒美にする
  • 原則3 時間を買う
  • 原則4 先に支払ってあとで消費する
  • 原則5 他人に投資する

この5つのエッセンスを以下に紹介します。詳細をもっと知りたくなったら本書で確認いただけたらと思います。

 

原則1 経験を買う

物を買うよりも、経験を買うことの方が幸福度は高くなります。

旅行やコンサート、特別な食事といった経験は、マイホームや高級家具、高級万年筆を買う経験に勝るといいます。

これは100円の出費でも2千万円の出費でも同じです。

 

アメリカのある研究では、家計の支出と幸福度を関連付けた結果、支出の中で重要だったカテゴリーは1つだけでした。

それは旅行や映画、スポーツイベント、ジムの会員権など「レジャー」に関わるカテゴリーでした。

 

経験的な買い物に対する満足感は時がたつにつれて増していく傾向があるのに対し、物質的な買い物に対する満足感は減少する傾向があるという研究結果が出ています。

(中略)物質的に与えられる一瞬の喜びはおそらく色あせていくけれど、経験的な高揚感ははるかに長い間続くのです。

物質的な所有物は、だんだんと背景の一部と化していくように思われるのに対し、経験的な買い物は、時間がたつにつれてますます良いものに感じられるようになるのです。

引用元:「幸せをお金で買う」5つの授業

人々は物質的な購入に対しては、買ってからの後悔を経験する可能性がずっと高く、経験的な買い物は後悔という否定的な感情から私たちを守ってくれるともいいます。

人は経験的な買い物について思い出すとき、よりいい気分になり、そうした買い物に対して、「お金を上手に使った」と述べる結果が出ているそうです。

 

原則2 ご褒美にする

素晴らしいものがいつも身近にあると、人はそれをあまり大切に思わなくなってしまいます。

大好きなものに手が届かないようにちょっとだけ制限をかけてあげると、新鮮な喜びを味わえるようになります。これで喜ぶ能力が再生されます。

大好きなチョコレートをちょっとだけ我慢する。毎日飲んでいたカフェラテをコーヒーに置き換えてみたり、少し頻度を落としてみたり。

筆者はこのことを「歓度計をリセットする」と言っています。

何かをいつも手に入れられるわけではないと知ると、それを手にしたときの喜びがもっと大きくなるということです。

歓度計をリセットして、あたりまえをあたりまえと感じないこと、小さな喜びを楽しもうと説いています。

 

また、興味深い点では、

金額などの他の条件がすべて同じなら、ほとんどの人が、少ない回数の大きな喜びより、ささやかでも回数が多い喜びの方を好むのです。

たとえば、人々は1日に25ドルもらうよりは、5日間毎日5ドルもらう方を好みます。90分のマッサージを1回受けるよりは30分間のマッサージを3回受ける方がより大きな幸福をもたらしてくれるのです。

引用元:「幸せをお金で買う」5つの授業

(個人的な点で言うと、資産運用で1年に1回ドカンと利益確定するよりも、毎月配当をもらうと嬉しい、という感覚に似ているなと思います。)

<スポンサードリンク>


原則3 時間を買う

物質的な豊かさを求めすぎるあまり、私たちの本来持つべき自由な時間が犠牲になってしまっています。

一般的に仕事や通勤、家事をしている間は、幸福度は低いと言われます(熱心な仕事や家事好きの人は除きます)。

お金よりも自分の時間に重点を置くようになると、自分の幸福を大きくする活動を選ぶようになります。友人やパートナーと食事をする、子供と遊ぶ、犬を散歩させる、ボランティア活動などがそうです。

特に大きな出費をする際には、「これを買ったら、私の時間の使い方はどんなふうに変わるだろうか?」という質問をしみてください。

「幸せな時間・自由な時間が増えるのかどうか?」これがひとつの基準になります。

 

原則4 先に支払ってあとで消費する

お金を先に支払っておいて、消費を後に延ばすことで、期待に満ちたワクワクした気持ちを持ち続けることができます。

休暇や旅行の計画をたてるとき、そのときが来るまでの時間が楽しい、と感じるのは皆さん経験していることですよね。

シンプルな方法もあります。チョコレートやデザートいったちょっとしたご褒美を「おあずけ」することで、ずっとおいしく感じられるというのも同じです。

 

未来について楽しい考えを持つことができる能力は、心が健康であることを示す重要なしるしでもあります。

先に支払って、あとで消費することによって、遠い将来のことを考えられるようになり、自身の幸福のために賢い選択が取れるようになります。

更に良いことに、前払いの痛みを経験すれば、お金を使いすぎることも減るようになります。

 

原則5 他人に投資する

他人のためにお金を使うと、自分自身にお金を使うよりももっと大きな幸福が得られることが明らかとなっています。

これは親にプレゼントを贈った子供の話から、ウガンダで友人の子供の命を救うためにマラリアの診察代を支払った女性の話まで、あらゆるケースに該当します。

 

金額の大小は関係ありません。

 

人が投資をする際に最も大きな幸福感を得られるのは、他人とのつながりを深めるような方法で投資ができた場合です。

他人に投資すると、幸福感が上がるだけでなく、肉体的にもより健康になる(ストレスホルモンのレベルが下がる)という結果もあるほどです。

 

他人への善行は自分を幸せにします。

 

TEDで見るエッセンス

本書のエッセンスは、こちらのTEDトークでも見ることができます。計11分ほどの動画です。日本語字幕もあります。

 

このTEDトークの書き起こしもありますのでこちらもどうぞ。

 

<スポンサードリンク>


終わりに

投資を通じて、資産を最大化する。

それは手段であって目的そのものではないはずです。

 

大切に育ててきたお金を浪費に回してしまうのではなく、自分も周りも幸せになれるような方法で使いたいですよね。

 

いまのうちから「幸せになれるお金の使い方」も学び、実践していきたいと思います。

しあわせ上手、って感じですかね。

 

それでは、また。

 

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマン(研究開発職)をしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です