オフ会

【グラフで見る】Fund of the Year 2018 ランキングのまとめ

こんにちは、ザリガニです。

2019年1月13日(日)、Fund of the Year 2018の表彰式が行われました。

 

 

私もFund of the Year 2018に投票しました。(関連記事>>「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票したよ!

そして今回は表彰式と懇親会に参加して現場の空気にも触れてきました。

 

本記事では、Fund of the Year 2018のランキング結果を視覚的に把握できるよう、グラフにまとめてみました。

Fund of the Year 2018の概要を知る一助になればと思っています。(個人的な感想記事は別途こちらの記事にまとめました。)

それでは、どうぞ。

スポンサードリンク

投票方法とルールのおさらい

投票者一人について5ポイントを持ち点とします。この5ポイントを1つから5つまでの投資信託に振り分けて投票します。

1つの投資信託に5ポイント投票しても良し、5つの投資信託に1ポイントずつ投資しても良し、というルールです。

もし獲得ポイント数が同票だった場合は、投票者数で上回った方が上位となるルールになっています。より多くの支持者(投票者)がいた場合に有利になる仕組みです。

結果:第1位~第10位

第1位~第10位までの結果を下記表に示します。有効総ポイント数が1,188有効投票者数が241名でした。

ファンド名 獲得
ポイント
投票者数
第1位 eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
177 66
第2位 ニッセイ外国株式
インデックスファンド
127 43
第3位 eMAXIS Slim
全世界株式(オール・カントリー)
103 40
第4位 楽天・全米株式
インデックス・ファンド
86 37
第5位 eMAXIS Slim
バランス(8資産均等型)
68 26
第6位 セゾン・バンガード・
グローバルバランスファンド
67 23
第7位 Vanguard Total World Stock ETF (VT) 57 17
第8位 eMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
49 26
第9位 楽天・全世界株式
インデックス・ファンド
46 23
第10位 eMAXIS Slim
全世界株式(除く日本)
14 34
有効総数 1,188 241

参照データ元:投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018

結果 続:第11位~第20位

合わせて、第11位~第20位までの結果を示します。こちらは獲得ポイントと投票者数は発表されなかったので、順位のみです。

ファンド名
第11位 ひふみ投信
第12位 野村つみたて外国株投信
第13位 eMAXIS Slim 新興国株式
第14位 VTI
第15位 結い2101
第16位 VYM
第17位 iFree S&P500
第18位 eMAXIS Slim 全世界株式
(3地域均等型)
第19位 農林中金
米国株式長期厳選ファンド
第20位 コモンズ30ファンド
第20位 SBI・全世界株式
インデックスファンド(雪だるま)

スポンサードリンク

グラフで見る:Fund of the Year 2018

上記のように、三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim 先進国株式インデックスが177ポイントを得て第1位に輝きました。

第2位のニッセイ外国株式インデックスファンド、第3位のeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に対してどれほどの差がついていたのでしょうか?

目視で分かるよう、グラフでまとめてみました。

グラフ:ファンドの順位(獲得ポイント数)

ファンドの順位と獲得ポイント数
(棒グラフ中の数値:獲得ポイント数)

ご覧の通り、第1位のeMAXIS Slim先進国株式が、2位のニッセイ外国株式に対して50ポイントの差をつけてぶっちぎりの1位だったということが分かります。

獲得ポイント数だと、第1位~第6位までのトレンドがはっきり見て取れます。

 

グラフ:ファンドの順位(投票者数)

次の図は、投票者数の結果です。

横軸は獲得ポイント数での順位を示します。縦軸の値は投票者数を示します。

ファンドの順位と投票者数
(横軸:獲得ポイントでの順位、
縦軸および棒グラフ中の数値:投票者数)

第1位から第5位までは獲得ポイント数と投票者数が一致します。

第6位以降の獲得ポイント順位と、投票者数の順位は異なりました。関係が分かりやすいように別のグラフを作ってみました。下記に示します。

eMAXIS Slimの米国株式(獲得ポイント第8位)が投票者数で第5位、楽天VT(獲得ポイント第9位)が投票者数で第7位でした。

これら2ファンドは、より広範なブロガー層に投票されたと解釈できると思います。

スポンサードリンク

グラフ:ファンドの順位と獲得ポイント数の割合

続いて、獲得ポイントの有効総数1,188に対する割合(シェア)をみてみます。

ファンドの順位と獲得ポイント数の割合
(数値:獲得ポイント数、%:全体に占める割合)

第1位のeMAXIS Slim先進国株式が15%のシェアでした。

第1位から第3位の合計で全体の3分の1を占めることが分かります。第1位から第10位のファンドでおよそ70%のシェアです。

 

グラフ:ファンドの順位と獲得ポイント数の割合(委託会社別)

今回eMAXIS Slimシリーズがトップ10のうち5商品がランクインしました。トップ20に広げると7商品がeMAXIS Slimシリーズです。

委託会社別に見た場合、どれほどのシェアになるのか興味があったのでまとめてみました。(※下記の図は、獲得ポイントが明らかになっているトップ10のデータのみ用いて集計しています。)

ファンドの順位と獲得ポイント数の割合(委託会社別)
(数値:獲得ポイント数、%:全体に占める割合)

トップ10で見てみると、三菱UFJ国際投信のシェアが1位、2位が楽天投信投資顧問、3位がニッセイアセットマネジメントでした。

三菱UFJ国際投信は11~20位にも2本のeMAXIS Slimシリーズ(新興国株式と世界株式3地域均等型)がランクインしていますので、これも考慮すると、さらにシェアは大きくなるものと考えられます。

グラフ:2013年~2018年のランキング推移

最後に、2018年のランキングをベースに、過去5年(2013~17年)のFund of the Yearのランキングデータを組み合わせてみました。

2013年~2018年のランキング推移

略語 eMS:eMAXIS Slim、F:ファンド

直線でつながっているファンドは、過去に連続して10位以内にランクインしたファンドを示してます。

今回第1位のeMAXIS Slim先進国株式は、前年2017年の第13位でした。大幅ジャンプアップです。

第2位のニッセイ外国株式インデックスファンドは設定来(2013年12月以来)第1~2位に君臨しています。強いですね。

個人的に注目すべきは、バンガードETFのVTならびにセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

VTは上記のグラフで唯一、6年間連続トップ10にランクインしています。VTの過去をさらに辿っていくと、なんと2009年以降10年間ずっとトップ10に入り続けていますトップ10ランクイン記録としてはVTが最長です。

もう一つ、歴史が長かったのがセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドでした。本ファンドは、第1回Fund of the Year 2007以来継続的にランクインしています。2012年と2017年に惜しくも第11位でしたが、この2年以外は毎年トップ10入りしています。投資家に根強く支持されていることがうかがえます。

スポンサードリンク

終わりに

今回はFund of the Year 2018のランキングについて、グラフを用いて多面的にとらえてみました。eMAXIS Slim先進国株式そしてeMAXIS Slimシリーズの強さが見てとれました。

データをまとめていて気づいた新たな発見は、VTとセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが長期的に投資ブロガーの支持を受けていたことでした。これも大変興味深い点でした。

 

2019年はどんな結果になるのでしょうか。1年後をまた楽しみに待ちたいと思います。

それでは、また。

###
関連記事です。

Fund of the year 2018 表彰式のイベントレポートです。各受賞者のスピーチが印象的でした。

【Fund of the Year 2018】表彰式・懇親会に参加してきたよ!:イベントレポートこんにちは、ザリガニです。 2019年1月13日(日)、Fund of the Year 2018の表彰式が行われました。 ...

私がFund of the year 2018に投票したファンドの内容です。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票したよ!こんにちは、ザリガニです。 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票してきました。 ...

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマンをしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です