投資

【11月9日取引開始】DMM.com証券で米国株取引ができるようになります

こんにちは、ザリガニです。

大きなニュースがありました。

 

DMM.com証券が11月9日(金)16時より、米国株式の取引サービスを開始します。(プレスリリースはこちら

もともとDMM.com証券は、18年4月から国内株取引サービスを開始していました。それに続いて、米国株取引サービス開始の流れとなったようです。

 

DMM株 米国株取引について、プレスリリースや約款・規程集、ウェブサイトから読み取れる情報をまとめてみました。

 

DMM株 米国株取引の要点(筆者調べ)
  • SBI・楽天・マネックス証券と同水準の取引手数料
  • 1株単位で購入可能
  • 取扱い銘柄は、NY証券取引所などに上場している銘柄のうち、DMM.com証券が選定した153銘柄。ETFの取扱いもあり。
  • 売買代金は円貨決済
  • 株価リアルタイム配信、無料(株価表示にタイムラグなし)
  • 特定口座対応
  • NISA口座・ジュニアNISA口座に対応
  • 現時点では、投資信託の取り扱いは無い
  • つみたてNISA、iDecoのサービスは提供していない

DMM株で
口座開設

 

また、調べる過程で気づいたのですが、DMM.com証券はウェブサイトが非常に見やすく、分かりやすいです。

ウェブサイトの作り込みがユーザー目線でなされており、各種株式投資に関する解説ぺージ(税制やNISA、確定申告の方法など)がかなり充実しています。口座を開設していなくても、無料で見ることができますので、これらページの存在を知っているだけでも価値があると思いました。

デザインもシンプルできれいです。かなりユーザーに寄り添っているなと感じました。株取引が初めての方も情報を調べやすい、理解しやすい内容となっています。

 

さて本題、DMM株 米国株取引の詳細を以下にまとめました。

それでは、どうぞ。

スポンサードリンク

DMM株 米国株取引の開始時期

  • 2018年11月9日(金)16時 受注開始
  • 取引時間は、同日23時30分から開始

なお、10月15日(月)より取引ツールにて、米国株式情報の閲覧が可能となっています。

スポンサードリンク

DMM株の米国株 取扱い銘柄数

取扱い銘柄は、NY証券取引所などに上場している銘柄のうち、DMM.com証券が選定した153銘柄を取り扱っています。

内訳は、米国個別株が132銘柄、ETFが21銘柄です。

ざっとみたところ、VT、VTI、VYM、VOO、VWO、SPYといったETFが含まれていることも確認しました。

DMM.com証券で購入できる米国株・ETFの全153銘柄をこちらの記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

DMM.com証券で購入できる米国株・ETFのリスト一覧【全153銘柄】|2018年11月2日時点こんにちは、ザリガニです。 18年11月9日より、DMM.com証券で米国株の取引ができるようになります。 https://...

 

DMM株 米国株取引の手数料

SBI・楽天・マネックス証券と同水準の取引手数料です。

  • 取引手数料(1約定ごと)
    • 約定代金の0.45%(税込0.486%)
    • 最低手数料 5ドル(税込5.4ドル)
    • 上限手数料 20ドル(税込21.6ドル)

 

銘柄数と手数料体系の比較

他社オンライン証券の銘柄数と手数料体系と比較しました。サクソバンク証券が一番安い水準ですね。

米国株式・ETFの銘柄数 売買手数料 最低手数料 上限手数料
DMM.com証券 153 0.45% 5ドル 20ドル
SBI証券 約1,500
楽天証券 約1,500
マネックス証券 約3,300
サクソバンク証券 6,130 0.20% 5ドル 15ドル

データ元:DMM.com証券11月2日プレスリリース
サクソバンク証券プレスリリースならびに
SBI証券、楽天証券、マネックス証券の各サイトから(18年9月20日時点、筆者調べによる)

 

DMM.com証券は、取扱い銘柄数を絞っているのが分かります。

 

参考記事:サクソバンク証券と、SBI・楽天・マネックス証券3社の手数料体系をまとめた記事です。

【業界最安水準】サクソバンク証券の米国株取引手数料が安い話|SBI、楽天、マネックス証券と比較してみたよ!こんにちは、ザリガニです。 先日18年9月18日、サクソバンク証券が海外株式の取扱いを開始したことを発表しました。(プレス...

スポンサードリンク

DMM株は特定口座に対応!

これは非常にありがたいですね。

特定口座の源泉徴収あり・なしの2種類、一般口座1種類、計3種類から口座を選択できます。基本的には特定口座(源泉徴収あり)で要は事足りるかと思います。

また、NISA及びジュニアNISAも対応しています。NISA口座の売買手数料は無料です。国内株・海外株をNISA口座で取引きしたい人にとってはこれまた朗報ですね。

 

特定口座は、SBI・楽天・マネックスの3社は対応しています。サクソバンク証券は、海外株サービス開始で一般口座しか取り扱っていない点がデメリットでした。

投資信託の取り扱いは無い

米国株とは関係ありませんが、上記の項でNISA口座についてふれましたので、つみたてNISAについても触れておきます。

現時点では、DMM.com証券で投資信託の取り扱いは無いようです。したがって、つみたてNISA、iDeCoのサービスは提供していません。

スポンサードリンク

DMM株は無料で株価をリアルタイムにチェックできる

DMM.com証券では、口座を開くとリアルタイムで米国株の株価を追えるようです。しかも無料です。

SBI証券や楽天証券ではリアルタイム株価は有料です。通常15~20分遅れた株価が表示されます。

一方で、マネックス証券では無料です。(ただし、米ドル残高もしくは保有米国株の残高が口座内にある必要があることが条件です)

この点ではDMMとマネックスが一歩リードですね。

 

DMM株の口座管理手数料、株式の出入庫も無料

外国株式の取引き口座開設手数料・口座管理料は無料です。互いの証券会社で取り扱いのある銘柄であれば、出入庫は無料です。

DMM.com証券では、2018年11月5日(月)より、他金融機関からの移管入庫を受付け開始するそうです。

スポンサードリンク

DMM株の口座開設

米国株取引を行うためには、【DMM 株】口座の開設が必要です。

DMM FX/CFDやDMMバヌーシー口座を持っている人

DMM FX/CFDやDMMバヌーシー口座を持っていて、株取引口座を持っていない人は、いくつかの追加確認作業をウェブサイトで行うことで株口座を開くことができます。FXやCFDで使うログイン情報と共通のものを使うことになります。

 

DMM FX/CFDやDMMバヌーシー口座を持っていない人

ウェブサイト上で手続きを行うことができます。

> DMM 株で
口座を開設

 

口座開設手続き後、郵送で手続き完了に掛かる書類が届けば取引準備は完了です。

 

マネーフォワードとも連携可能!

DMM.com証券はマネーフォワードとも連携できることを確認しました。

複数の証券会社で資産を運用している私にとって、ワンストップで総資産を把握できるマネーフォワードの存在はとてもありがたいです。

 

おまけ:DMM.com証券は各種解説記事が充実!

本記事の作成中に気づいたのですが、DMM.com証券は投資に関する各種の解説ページがシンプルかつ分かりやすいです。内容も充実しています。

まずは試しに下記のリンクをいくつか見てみてください。下記外部リンクはDMM.com証券のウェブサイトに飛びます。

税制関連
  • 税制概要、特定口座・一般口座の違い、各商品に係る税金、損益通算について(外部リンク
  • 確定申告について(外部リンク

 

NISA関連

 

SBI証券、楽天証券、マネックス証券の画面に慣れきった私は、DMM.com証券の画面のシンプルさに感動し、各種解説の充実に感動し、分かりやすさに感動しました。

証券会社のページはいつもごちゃごちゃしており、1ページあたりの情報が過多なイメージでした。DMM.com証券はそのあたりを意識して、シンプルに、分かりやすいページつくりをしていることがうかがえます。

スポンサードリンク

【期間限定】 米国株取引手数料無料キャンペーンも実施!

しかも、11/8(木)までに口座開設が完了した方は、米国株式の取引手数料が最大3か月間無料となります。

キャンペーン期間 2018年11月9日(金)から2019年2月8日(金)まで
キャンペーン内容 米国株式の取引手数料が無料
対象者 2018年11月8日(木)以前に口座開設を完了した方

これは太っ腹ですね!

> DMM 株で
口座を開設

 

終わりに

今回の記事では、DMM.com証券が開始する米国株取引サービスについて、現時点でわかる範囲の情報をまとめました。

DMM.comが提供する金融サービスは、もともとFX取引が有名だったかと思います。一時期CMもよく流れてましたよね。

 

18年9月にサクソバンク証券が海外株取引サービスを開始し、次に参入をかけてきたのはDMM.com証券でした。特定口座対応、NISA対応、手数料水準を考慮すると、DMMでの取引も十分検討に値します。

DMMで取扱いする150銘柄は、別途記事にまとめたいと思います。

DMM株
それでは、また。

###
関連記事です。

18年11月1日現在で、米国株をオンラインで取引できるのはサクソバンク証券、SBI証券、楽天証券そしてマネックス証券の4社です。各社の手数料体系をまとめた記事です。

【業界最安水準】サクソバンク証券の米国株取引手数料が安い話|SBI、楽天、マネックス証券と比較してみたよ!こんにちは、ザリガニです。 先日18年9月18日、サクソバンク証券が海外株式の取扱いを開始したことを発表しました。(プレス...

 

DMM.com証券で取り扱う米国株132銘柄、ETF 21銘柄のリストです。

DMM.com証券で購入できる米国株・ETFのリスト一覧【全153銘柄】|2018年11月2日時点こんにちは、ザリガニです。 18年11月9日より、DMM.com証券で米国株の取引ができるようになります。 https://...

 

DMM株

 

> DMM 株で
口座を開設

 

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマン(研究開発職)をしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です