投資

【米国株買付手数料が低くなるメリット】総額2,500ドルでバフェット太郎氏の10種法が再現できる

こんにちは、ザリガニです。

 

最近、米国株界隈では大きなニュースが立て込んできましたね。

  • 19年7月4日、マネックス証券が米国株式の最低取引手数料を0.1ドルにすることをアナウンスしました。
  • さらにその翌日、楽天証券は同最低取引手数料をなんと0.01ドルにすることを発表しました。

 

まとめるとこんな感じです。

米国株式取引手数料各社比較表(2019年7月22日以降。税抜)

 

今回の一連の発表は、一般投資家が米国株投資に親しみやすくなり、1回あたりの売買代金が少ない場合でも取引がしやすくなると思っています。

 


スポンサードリンク

今回私が感じたこと

今回私が感じたことは、

  • 手数料の兼ね合いで取引を躊躇していた一般投資家の方々が、より米国株投資に踏み出しやすくなる。

ということです。

取引手数料が低くなるということは、少額の約定代金(20~1,000ドルほど)のとき、手数料負けしなくなるするということを意味します。

 

取引手数料が気になって米国株投資をためらっていた方々にとっては朗報です。

今後は売買の小回りが利くようになり、よりフレキシブルな投資ができるようになりますね。

 

今回のサービス拡充を機に、活用法の1例として、バフェット太郎氏のポートフォリオを参考に記事を書きました。

 

バフェット太郎氏の10種を再現してみる。

米国株投資界隈では、著名なバフェット太郎氏。ブログや書籍から知った方も多いでしょう。

 

氏のポートフォリオは、

  • 米国の連続増配高配当の10銘柄から構成される。
  • 毎月末に10銘柄のうち、時価評価額が最も低い銘柄を一定額を買い増し、ポートフォリオをリバランスする

という手法を取っています。(最新の氏のポートフォリオ記事はこちら

 

バフェット太郎氏10種のコンセプトバフェット太郎氏10種のコンセプト

 

構成銘柄と株価

 

人によって賛否はあれど、氏のその分かりやすい投資法には目を引かれます。システム化もしやすいですしね。

 

私も書評記事を書いています。

【読了】バカでも稼げる 「米国株」高配当投資こんばんは、ザリガニです。 バフェット太郎氏の『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』を読了しました。 氏は米国の連続増配高...
created by Rinker
¥1,620
(2019/07/18 00:15:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

バフェット太郎氏の投資法のネック

バフェット太郎氏の10種を再現しようとします。

10種類の銘柄から構成されるので、最低10回の取引が必要です。

 

最低手数料が5ドルだった今までは、手数料負けしない買い方をすると、10種のポートフォリオを完成させるのに、1100ドル×10銘柄分で11,000ドル、すなわち100万円以上の資金が必要でした。(手数料負けを気にしないなら、この限りではありません)

せっかく氏の方法に興味を持ったものの、資金の面から尻込みをしてしまった方も多いのでは、と思います。

 

そこでマネックス、楽天の手数料引き下げが実現

マネックス証券と楽天証券が最低取引手数料を引き下げたことで、手数料負けする水準が限りなく低くなりました。

具体的には、マネックス証券だと、22.2ドル以上なら手数料負けしません。楽天なら2.2ドル以上の取引なら、手数料に負けません。

 

 

米国株式取引のいいところは1株単位で取引できることです。日本株は原則100株単位で取引する必要があり、相応の資金を用意する必要があります。

たとえば、米国コカ・コーラ(KO)なら、1株52ドルなので、1ドル110円としておよそ5700円くらいでしょうか。この単位で売買できます。

 

そこで、以下、いろいろ検討してみました。

バフェット太郎氏10種を1株ずつ買ってみる

プランA:1株ずつ買うだけなら1,000ドルちょっとで揃えられる

バフェット太郎氏の10種をリストアップし、下記の通り株価をまとめました。

構成銘柄の内訳と株価

これを1株ずつ買うと、合計で1034ドルです。取引手数料を含めると1038ドルほどです。

マネックス証券や楽天証券で購入すれば、1株ずつ10銘柄買っても、手数料負けすることはありません。これは大きいですね。

 

ポートフォリオのバランスを見てみると、こんな感じです。

 

バフェット太郎氏10種の1株ポートフォリオ

うーん、なかなかいびつですね。

MOやKOが1株50ドル前後に対し、MCDが1株200ドルを超えてくるので、アンバランスになってきますね。

 

プランB:2,500ドルの予算があるとこんな感じ

プランAでは、とりあえず1株ずつ買いました。

こちらのプランBでは、10銘柄間のバランスを取ることを目的に、氏のポートフォリオを総予算2,500ドルで作ってみました。

 

バフェット太郎氏10種の
総予算2,500ドルポートフォリオ

 

1株10銘柄のプランAと比較して、随分均等感がでてきました。こちらは総額が2,430ドル、手数料込みで2,442ドルです。

各銘柄比率は8.7~11.6%。10%の各比率に対して、乖離率はおおよそ±1.5%ですね。

 

おおむね均等と言っていいのではないでしょうか。

 

おまけ:プランC 。予算4,500ドルだとほぼ均等を維持できる。

もう少しこだわって、10銘柄の各比率を9.5%~10.5%以内に収めたい!

と思って考えたのがこちらのプランCです。

 

バフェット太郎氏10種の
総予算4,500ドルポートフォリオ

うん、いい感じです。これはほぼ均等といっていいでしょう。

こちらは総額が4480ドル、手数料込みで4501ドルです。

 

スポンサードリンク

手数料低下のおかげで、配当再投資もやりやすくなった

バフェット太郎氏の方法では、

  • 毎月末に10銘柄のうち、時価評価額が最も低い銘柄を一定額を買い増し、ポートフォリオをリバランスする、

という手法を取っています。

 

マネックス証券と楽天証券の手数料が低くなったおかげで、少額規模の配当金も再投資に回しやすくなります。

毎回自分で買い増す必要がありますが、1100ドルが貯まる前に数十ドル、数百ドル単位でも気にせず買い増せるようになったのは大きなメリットです。

 

配当金を受け取った段階で、同じ銘柄や別の銘柄を買い増してリバランスができるようになるということです。

 

終わりに

今回は、マネックス証券と楽天証券のアナウンスに合わせて、こんなやり方もできるよ、というアイデアを書き連ねてみました。

 

もちろん、バフェット太郎氏の銘柄にこだわる必要もありませんし、自分自身のオリジナル8種や15種なんてポートフォリオをつくっていくこともできます。

各銘柄の構成比率も自由に自分で決めていくことができます。

ETFを活用して、セクター別投資や、国・地域別の投資もやりやすくなります。

今回のアナウンスは一般投資家の投資へのハードルを大きく下げたといって過言ではありません。

 

私も配当金が好きですし、配当を再投資して、株数が増えていくのを見るのも好きです。今までは、配当金と毎月の給料からの拠出を合算し、1,100ドル以上で購入していたので、そのハードルがさがりました。

このサービスをしっかり活用していこうと思っています。

それでは、また。

\米国株取引手数料 最低0.01ドル/楽天証券

米国株取引手数料 最低0.1ドル
マネックス証券

 

###
関連記事です。

楽天カードで決済するようにすると、投資信託購入額の1%が楽天スーパーポイントとして付与されます。このポイントは楽天証券の投資信託の購入に使えますし、楽天市場や楽天モバイルの支払いなどでも利用可能です。

楽天証券を楽天銀行と組み合わせることで、普通金利0.1%のメリットを享受することもできます。

今回の米国株の取引手数料0.01ドルの発表で、さらに魅力が増しました。

楽天カードで投資信託の積立購入が可能になった話|積立額の1%にポイント付与|つみたてNISAにも対応こんにちは、ザリガニです。 本日8月29日、楽天証券からプレスリリースがありました。 概要は以下の通りです。 ...

 

 

高配当株で複利的な資産運用を行っています。複利効果についてまとめています。

複利の力は偉大である話 ~ ① 導入編 ~|複利効果のおさらいこんにちは、ザリガニです。 さっそく突然ですが、 人類最大の発明は「複利」である。 とアインシュタイン博士は言いました...
複利の力は偉大である話 ~ ② 増配編 ~|増配率も考慮しよう。米国株には連続増配・高増配率の企業がいくつもある!こんにちは、ザリガニです。 私は米国高配当株を複数銘柄持っています。(>>関連記事:毎月の資産運用報告はこちら) も...
複利の力は偉大である話 ~ ③ 配当株編 ~|高配当株を買うとき、購入時の配当利回りが大切?それとも増配率? シミュレーションして検討してみたこんにちは、ザリガニです。 私のポートフォリオの約半分は、米国の高配当株銘柄で構成されています。(最新の保有銘柄の内容はこ...

 

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
アバター
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマンをしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です