ブログ

2018年 よく読まれたブログ記事ランキング

こんにちは、ザリガニです。

今回の記事は、2018年中によく読まれた記事のランキングです。

 

今年ブログをはじめて、これまでに約150の記事を投稿してきました。その中でどんな記事が多く読まれたのか? 私自身、興味津々です。

それでは、どうぞ。

スポンサードリンク

第1位:国民年金保険料の追納をしないことを決めた話

国民年金保険料の追納をしないことを決めた話|学生納付特例制度を要チェック!【アラサーのあなたへ】こんにちは、ザリガニです。 皆さんは20代前半、学生時代に国民年金の保険料をどうしていたか覚えていますか? 私は「学...

「国民年金保険の追納のお知らせ」という葉書を受けっとったことをきっかけに書いた記事。年金の詳細と追納の仕組みを自分で調べ、追納をするべきかしないべきか考察しました。

記事を書いていた際はまさか2018年でもっとも読まれる記事になるとは思っていませんでした。ターゲットをしぼり、かつ誰もが一度は検索をするであろう話題を丁寧にまとめられた記事だと思います。

私自身、この記事作成を通じて年金の理解をかなり深めることができました。多くの方の役に立っていれば嬉しいです。

 

第2位:【2018年を振り返って】チャレンジしたこと・達成したこと

【2018年を振り返って】チャレンジしたこと・達成したことこんにちは、ザリガニです。 2018年も残り10日を切りましたね。今年はブログを始めたり米国株投資を本格的に始めたり、プラ...

2018年を振り返った記事です。

12月22日に投降した記事なのに、2018年の通年ランキングで第2位に入りました。自分でも驚きです…!

PV推移をチェックしてみると、12月25~26日頃若干のぷちバズが起こっていました。被リンク元の詳細はわからないのですが、Twitter流入が爆増していたんですよね。

ともあれ、自分のことを知っていただくにはとても良いきっかけになる記事だよなと思ってポジティブにとらえています。こんなこともあるんだな~(*゚0゚)

 

第3位:【雑記】米国株取引をはじめて1年が経って思うこと

【雑記】米国株取引をはじめて1年が経って思うことこんにちは、ザリガニです。 米国株配当の記録を取りまとめていたときに気が付いたのですが、米国株投資を始めてきて1年経ってい...

これまた振り返り記事です。こちらは米国株投資をはじめて1年が経ったときに書いた記事です。

この記事は投稿以来ずっと、継続的にアクセス記事があった記事です。このような個人の振り返り記事は需要があるのかな? しみじみと米国株の1年をまとめています。

そういえば、この記事を書いたのは10月初旬で2018年10~12月の米国株式市場の急落・乱高下が起こる前でした。この期間の最中に書いているとまた違った記事になっていたかもしれません 汗

スポンサードリンク

第4位:たぱぞうさんの「第3回 米国株を語る会」に行ってきたよ!

たぱぞうさんの「第3回 米国株を語る会」に行ってきたよ!こんにちは、ザリガニです。 2018年9月8日(土)、東京・品川で行われたたぱぞうさん主催の会、「第3回 米国株を語る会」に参加し...

たぱぞうさんの語る会に参加したときの記事です。「語る会」はいつも開催告知後数時間内に参加枠が埋まってしまうイベントです。

米国株ブログといえばたぱぞうさん。

私もたぱぞうさんのブログに大きく影響を受けて米国株投資をはじめました。多くの学びと気づきを得て、そしてたくさんの投資仲間との出会いがありました。

 

第5位:【10分で完了!】 Form W-8BENの書き方・参考例

【10分で完了!】 Form W-8BENの書き方・参考例|サクソバンク証券へ提出こんにちは、ザリガニです。 今回はForm W-8BENの記入方法を紹介します。 私はサクソバンク証券の海外株口座を...

ある程度需要があるだろうなと思って意識的に書いた記事です。

一部の証券会社では、配当金にかかる米国の源泉徴収税30%を10%に減額するためにForm W-8BENという英語書式を提出する必要があります。その書き方をまとめたものです。

もともとは自分自身検索する側の立場だったのですが、あまり分かりやすい記事がありませんでした。ならば自分で書いちゃおう!と思ってまとめた記事です。多くの方に届いていたようで嬉しいです。

 

第6位:複利の力は偉大である話 ~ ③ 配当株編 ~

複利の力は偉大である話 ~ ③ 配当株編 ~|高配当株を買うとき、購入時の配当利回りが大切?それとも増配率? シミュレーションして検討してみたこんにちは、ザリガニです。 私のポートフォリオの約半分は、米国の高配当株銘柄で構成されています。(最新の保有銘柄の内容はこ...

記事タイトル通り、高配当株を買うとき、購入時の配当利回りと増配率のどちらが重要かを検討した記事です。

自分が投資を行う上で疑問に思ったことや判断に迷うようなことの中で、シミュレーションで解決できそうなものは自分で手を動かして計算するようにしています。

性格柄か職業柄か、この記事のように頭に浮かんだ仮説・疑問をシミュレーションによって検証するプロセスというのが好きだったりします。

私自身、自分の投資への備忘録や判断基準としても活用しています。

 

スポンサードリンク

第7位:DRIP(配当再投資)とは? そのメリットは?

DRIP(配当再投資)とは? そのメリットは?|長期的な資産運用を複利のチカラで効率的に行うこんにちは、ザリガニです。 今回は、DRIP(配当再投資)についてまとめました。 DRIPとは、日本語で「配当再投資...

自動配当再投資の方法である、DRIPについてまとめた記事です。

国内の証券会社では、サクソバンク証券がDRIP制度を現時点で唯一取り扱っています。サクソバンクは2019年中に特定口座に対応すると言われています。

特定口座への対応次第、私はDRIPのメリットを享受すべく一部株式を移管する予定です。楽しみですね!

 

第8位:毎月100万円のインカムを達成するための資産形成とは?|戦略を考えてみた話

毎月100万円のインカムを達成するための資産形成とは?|戦略を考えてみた話こんにちは、ザリガニです。 手取り収入として毎月100万円が入ってくる資産は作れないものか、と最近考えていました。 ...

収入の複線化について考察した記事です。

私の現在のメインの収入源は給与収入です。これに加えて配当金収入が月300~400ドル程度あります。収入を複線化しつつ、給与収入だけに依存しない収入体系をつくるためにはどうすればよいのかを考えました。

事業収入や不動産収入など、いろいろな方法を考えていきたいと思います。2019年でしっかり計画・実行したい課題のひとつです。

 

第9位:「インデックス投資ナイト2018」に行ってきたよ!

「インデックス投資ナイト2018」に行ってきたよ!|内容の書き起こしと感想こんにちは、ザリガニです。 2018年7月7日(土曜日)、東京・渋谷で行われた「インデックス投資ナイト2018」に参加してきました...

第4位のたぱそうさんの語る会の記事に引き続き、イベント記事が再びランクインです。

はじめて投資家のイベント・オフ会に参加したときの記事です。多くの個人投資家の方々、山崎元さんや竹川美奈子さん、著名なブロガーさんと出会うことができました。

本記事はブログをはじめて約3か月目の記事でした。多くの方にご覧いただいたり、引用もしていただけました。当時はPV数も少なかった(1ヶ月で3桁PVとか)のですが、この記事をきっかけに少しずつPVが増えていったように思います。

ブログで情報を発信する楽しさ、嬉しさを感じた記事でした。

 

第10位:【投資の失敗談】先物取引で100万円を溶かしてしまった時の話

【投資の失敗談】先物取引で100万円を溶かしてしまった時の話・・・こんにちは、ザリガニです。 今回はタイトルの通り、先物取引で約100万円を溶かしてしまったときの話を紹介したいと思います。いまでも...

文字通り、投資の失敗談です。

個人の経験、特に失敗談を語ることのは結構恥ずかしいですし勇気がいります。それでもこの記事をもとに何かしら誰かの参考になるといいなと思っています。

私自身、過去の自分を戒めるための記事でもあります。投資相場への向き合い方に大きな影響を与えた経験でした。特にレバレッジを掛ける取引には今も慎重な姿勢です。

 

スポンサードリンク

終わりに

今日は12月30日。明日で2018年も終わります。

ブログという新たなチャレンジをして、どうにかこうにか記事を積み重ねてこれました。みなさんがコメントしてくれたり訪問していただけることがモチベーションの源泉です。

 

自分のための備忘録として、そして読者の皆さんに役立つ記事をこれからも提供していけたらと思います。

それでは、また。

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
アバター
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマンをしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です