旅行

【ANA スーパーフライヤーズカードをゲットしたよ!】 これにて2018年SFC修行解脱。

こんにちは、ザリガニです。

ついに、ついに、ANA スーパーフライヤーズカード(SFC)をゲットしました~ 祝

2017年の後半から少しづつ準備を始め、2018年にかけてSFC修行をしておりました。

そのまとめです。

スポンサードリンク

SFC(スーパーフライヤーズカード)の概要

SFC修行とは?

SFC修行とは、スーパーフライヤーズカード(SFC)の会員条件をクリアするために、たくさん飛行機に乗ることを指します。

ANA スーパーフライヤーズカードとは、ANAの上級会員であるプラチナ会員以上のステータスを獲得した年に申し込みが可能なANAカードのことで、一度入会すると以後、一生涯に渡ってプラチナ会員とほぼ同じ特典を受けることができます。(年会費は必要です。)

 

SFC会員の特典

SFC会員は以下のような特典が受けられます:

  • ラウンジ利用
  • 優先チェックインカウンターの利用
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗の利用
  • 手荷物受取の優先
  • 国内線座席指定の優先
  • 特典航空券の優先
  • 空席待ちの優先
  • 国内線予約の先行受付
  • フライトマイルのボーナス
  • マイルをスカイコインに交換する時のレート優遇、などなど。

 

SFC会員になるためには

SFC会員になるためにはプラチナステータスに到達する必要があります。プラチナステータスになる要件は、1年間(1月~12月)でプレミアムポイント(PP)を50,000ポイントを獲得することです。

PPは、ANAグループあるいはスターアライアンス系航空会社の運航便に搭乗したときに加算されるポイントで、マイルとは別のポイントです。獲得したPP数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まり、ステイタスごとのサービスを利用できます。

ANAのマイルは飛行機に乗ることで獲得できるほかに、クレジットカードや電子マネーを利用したり各種のポイントサービスから移行することでも獲得できます。一方、プレミアムポイントはANA(スターアライアンス系)の飛行機に乗って初めて獲得できるポイントです。

 

羽田空港をメインとする人は、羽田ー那覇の往復が主要な修行用の航路といわれています。単純計算で、羽田ー那覇間をエコノミークラスなら16~17往復程度、プレミアムクラスなら9往復程度するとPPが50,000貯まり、プラチナステータスに到達できます。

プラチナステータスに達するための費用の目安は、およそ50万円程度と言われています。50万円を全額自費でまかなう人もいますが、陸マイラー活動をしてマイルを稼ぎ、ANAスカイコイン(マイルから変換できる通貨。航空券の支払いにも使えるもの)を活用して実費負担を減らす工夫も行われます。他にも仕事の出張の機会を活用する人もいます。

SFC修行」と検索すると、たくさんの情報が出てきますので興味のある人は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

いきさつ

もともと国内・海外旅行が好だった私。

だいぶ昔の話、確か社会人になって2~3年目の話です。SFC保有者だった会社の先輩と出張同行したとき、ラウンジに同伴させてもらったんですよね。自分はそれまでこのような上級会員用サービスがあることを知らず、とても感動したことを覚えています。(仕事終わりのラウンジで無料のビールが飲めるなんて…!)

 

以後、いつかSFC会員になりたいなーなんておぼろげに思っていました。SFCの特典を受けられるようになれば、旅行も一層楽しくなりそうだな、ラウンジでくつろいでみたいな。なんて考えていました。

そしてさかのぼることおよそ1年前、2017年の9月か10月ごろ。

「5年後10年後にお金の余裕ができてからSFC修行をするよりかは、現時点でSFC会員になってしまって、以後若いうちに、そして元気なうちに旅行をたくさん楽しもう」と思うようになりました。

SFCを保有し続けるためには年会費がかかりますが、得られる特典には相応の価値があるのではと考えました。これまでに何年も「SFCが欲しいかも…」と思い、もやもやしていた自分とおさらばしたいとも思いました。これまでも旅行もたくさんしてきましたし、このステータスが無駄になることはないだろうと。

 

完全に「勢い」で修業を決意してしまいました。

以後、マイルを稼ぐべく、陸マイラー活動を開始します。

 

ザリガニ、陸マイラー活動を始めたってよ

SFC会員になるためにはおよそ50万円ほどの費用が必要だと言われています。

とはいえ、全額を自費でまかなうのは痛い出費。この出費を抑えるためにマイルの獲得に励みます。マイルをスカイコインに替えて航空券代に使用するということです。

いわゆるソラチカルートを活用してマイル獲得活動に励みました。ハピタスやモッピー、ポイントタウンでポイントを稼ぎ、メトロポイントを介してマイルにしていきました。

およそ6~7か月くらいの陸マイラー活動を行って、約12万マイルほどを獲得できました。これをスカイコインに変換し、およそ20万円弱の航空券代に充当しました。

 

スポンサードリンク

行程と費用、獲得プレミアムポイント

私の行ったSFC修行の工程は以下の通りです。

かかった費用は約41万円でした。PP単価は8.1ほど。この40万円のうち、約20万円分をスカイコインで支払っているので、実際の手出しは約21万円(PP単価4.2)となりました。

今回の一連の修行では、スターアライアンス系の他社運航便は使わず、結果的にすべてANA便で行いました。

 

羽田空港をメインユーザーとする私にとって、羽田ー那覇をメイン航路とするのが主なやり方となりますが、機械的な往復をたくさん行うのは性に合いませんでした。空港と家の往復にもお金と時間がかかりますし、土日をたくさん費やす必要もありました。

 

国内線をメインとするより、海外旅行で一気に稼ぐというやり方を私は選択しました。さらに、できる限り飛行機の搭乗回数は減らしたいと思っていたので、海外旅行時にはプレミアムエコノミークラスを活用して、一気にPPを稼ぐ戦法で行いました。

海外の行き先はオーストラリアとマレーシアでした。

もともと海外旅行好きなこと、今までオーストラリアやマレーシアのボルネオ島エリアに行ったことがなかったことなどもあり、うまくSFC修行の行き先とマッチさせることができました。

 

1)~3)の旅程はいずれも仕事の出張でした。2018年の前半にたまたま九州への出張が重なり、この出張の機会も活用することができました。自己負担なしでPPが貯まり、大変助かりました。2017年の終わりにはこの出張は既に予定されており、今回のSFC修行の決心の後押しにもなりました。

4)の旅程はシドニー往復です。沖縄ーシドニー往復で国際航空券を購入し、前後に羽田ー那覇便を加える、いわゆるOKAタッチの手法を採りました。実費で航空券を購入したのはこの旅程だけです。約21万円の出費でした。

 

5)~6)は修行兼旅行です。宮崎の滞在時間は3時間ほどで、ほとんどとんぼ返りの状態でした。費用はスカイコインでまかないました。

 

7)はマレーシア往復です。行きだけ沖縄発の発券として「片道だけOKAタッチ」的なことを行いました。日程と座席、費用の関係で帰りはシンガポール発の旅程を組んでいます。この際クアラルンプールからシンガポールへはマレーシア航空で移動しています。こちらも航空券代はスカイコインでまかないました。

マレーシア&ブルネイ旅行記はまた別途記事に上げようと思います!


スポンサードリンク

SFC修行の感想

人によっては、航空券が安い年初の1~3月に一気に修行を終わらせ、プラチナステータスの事前サービスを長く享受する方もいるようです。

 

私の場合、プレミアムエコノミークラスを活用した海外旅行を2回行い、OKAタッチも含めることで1旅程あたりの獲得PP数が高くなるように調整していました。他の修行僧の方と比較して、飛行機の合計搭乗回数は少ない方だったと思います。

結果的に1~2か月ごとに1往復程度という、とてもゆとりのある修行となりました。今年は「たくさん飛行機に乗ったな~」という実感も正直それほどなかったです。

 

ラウンジの効用

シドニーやマレーシアに行ったときにはプレミアムエコノミーの航空券だったので、ラウンジを使うことができました。

国際線のラウンジは初めての体験でした。軽食が食べられたり、シャワーが浴びられるのには助かりました。チェックインカウンターが出発の2~3時間前に開くので、早めにチェックインしてラウンジに入り、ご飯食べつつシャワー浴びてゆっくり過ごすことができました。

 

今回わたしは国際線に4本乗ったんですが、すべて23~24時台に出発する夜行便でした。夜行便だと、出発1時間後くらいに夕食が提供されるんですよね。深夜1時前後です。

深夜にごはんを食べるとなると、消化が気になったり、歯磨きやトイレで席を立たなきゃと思ったりします。このようなケースでもラウンジを使えたことが役に立ちました。ラウンジで軽食をお腹に入れておいて、シャワーや歯磨きを済ませ、機内では寝るだけ。といった過ごし方もできました。

国際線プレミアムエコノミーの場合、機内食はエコノミークラスに準じるので、あえて機内で食べなくてもいいと思っています。むしろラウンジの方が食べ物はおいしかったです。カレーとかサラダとかお肉とか。

プレミアムエコノミー席でゆっくり足を伸ばして眠って、翌朝到着次第、元気に旅行先で楽しむ、っていう過ごし方も発見できました。

 

これまで海外旅行をするときは、貧乏旅行と銘打って、バックパックを背負ってエコノミークラス・格安航空券を使った旅行がほとんどでした。プレミアムエコノミーで得られるラウンジの利用権・ゆったりした座席もいいな、と思えるようになりました 笑

これからの旅行をどうしていくかについては、その時の若さとエネルギー、同行者とお金の兼ね合いなどを考えながらフレキシブルに企画していこうと思います。

 

スポンサードリンク

投資家ブロガーさんの修行記録

べーやんさんや53さんも今年2018年にSFC修行をされていたようで。

べーやんさん

 

53さん

 

私はいろんな人の旅行日記を見るのが好きです。ひとそれぞれに旅行スタイル・楽しみ方があって楽しいですよね。良いところは自分の旅行にも取り入れるようにしています。

 

おわりに

スカイコインもマイルもそれなりの額がまだ残っているので、2019年もどんどん旅行に行ってみようと思います。

これからは旅行するとき、飛行場での過ごし方も楽しみの一つになりそうです。

 

それでは、また。

 

###
関連記事です。

オーストラリア旅行記集です。

 

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマンをしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です