投資

【雑記】米国株取引をはじめて1年が経って思うこと

こんにちは、ザリガニです。

 

米国株配当の記録を取りまとめていたときに気が付いたのですが、米国株投資を始めてきて1年経っていたことに気が付きました。

あっという間の1年でした。

 

昨年9月に初めて買った米国株が、VTI 20株だったことを思い出します。住信SBIネット銀行でドル転して、SBI証券に入金して、慣れない外国株取引画面でおそるおそるVTIの取引画面をクリックしていたことは今も覚えています。

 

以後、本格的に米国株・ETFの購入を始めたのが今年の2~3月くらいだったでしょうか。その都度少しずつ米国株を買い増して、今に至ります。

それまでは日本株偏重だったポートフォリオでしたが、今はこんな感じになっています。

2018年9月末の保有外国株式の割合

参照元:【資産運用実績】2018年9月度

 

思えばこれまでいろいろな人のブログを読んだり、本を読んだりして影響を受けてきました。

特に、ブログを通じて多様な方々の考えや経験を得られる環境にいることに大変感謝しています。今の投資アプローチに至る中で、次のようなブロガーさんの記事をよく読んでいます。

 

わたしはどうやら高配当株を中心とした投資が性に合っているようです。

将来ドカンと老後のために資産を蓄えていくよりも、毎月のキャッシュフローを大きくしていきたいという願望が勝っている状態です。

スポンサードリンク

最近気になったこと、振り返りながら思うこと

投資のスタイル

つい最近目に留まった文章で興味深いものがありました。

堀田かつひこさんの記事にあった以下の部分です。長めの文章ですが抜粋します。

「あなたは一体、どんな投資スタイルなのですか?」という質問を投げかけた時に、きちんと回答出来るような状態になる必要があります、という意味になります。

例えば同じ質問を当サイト管理人に投げかけられたとしたら、私はすぐに答える事ができます。「私は元本が大きく変動せず、常に安定的なインカムゲインを取る事ができて、しかも節税も含めてコントロール可能な領域が非常に広く、更には銀行からお金を借りてまで行う事の出来る不動産投資をメインにしています」と。

追加で「元本の大きな変動のある紙の資産への投資は、iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISAのような、投資と言うよりは節税のメリットの方が魅力的にも感じるような制度の範囲内で、インデックス投資を行います。常に市場の平均値レベルで資産の成長を取りに行き、長期で着実に増やします」と。

妻に関しては、「安定的に分配金を確保するために一般NISAの制度を使ってETFに投資をして、タコ足分配ではない健全な分配金を獲得する」という部分と、「外貨FXを使って非常にリスクの高い投機を行い、通貨間の価格差による収益機会を狙います。ただし資金管理は万全にします」という2点を挙げる事ができます。

引用元:ノーロード投資信託徹底ガイド|野村證券から購入した通貨選択型投資信託の取り扱いをどうするか

このやり方に倣って、私の現在の投資スタイルをまとめてみるとこんな感じになるのかなぁと思います。

  • 短期的には、500ドル/月(あるいは年間6,000ドル)程度の配当を得られるようになることを目的とする。
  • 長期的には、2,000ドル/月(年間24,000ドル)の配当を得られるようになることを目的とする。
  • 投資資金割り振りは以下の通り:
    • 25%はVTI(キャピタルの成長を狙う部分)
    • 25%はVYM(キャピタルとインカムを半々で狙う部分、配当再投資による成長も狙う)
    • 50%は高配当個別株(税引き前利回り4.3%を目安)
  • 配当による定期収入を重視し、基本的に売却は行わない。
  • サラリーマンとしての給与収入の35~40%を投資用資金として捻出し、定期的に株またはETFを購入する。
  • 配当収入も原則再投資に割り当てる(ただし銘柄は異なってもよい)。
  • 生活防衛資金としては最低6ヵ月分を確保しておく

配当中心の投資法には他の投資アプローチと比較して、課税の問題など不利な点があるのは承知しています。まだ私が理解していない、認知していないデメリットも多々あると思います。

資産を殖やせるもっといい投資法はたくさんあるよ、 プププwww などと思う人もいるでしょう。

でも今はこれで良いと思っています。

 

AmazonをはじめとするFAANG株やNVIDIAとか、米国グロース株に投資をして大きく資産を拡大している人は本当にすごいなぁと思っています。

でも今の私に同じことができるかと言われると自信がありません。

 

投資の幅を広げるために、いろいろな勉強を続けていきたいと思っています。

毎日の新たな学びの中で、これは良い、と思える考え方・手法を取り入れて少しずつ改善できていければ良いなと。

最近DRIP(配当再投資法)に興味津々なのも、私の投資スタイルと親和性が高いからと考えているからです。キャッシュフローの改善効果はないものの、資産形成スピードは上昇すると思っています。

スポンサードリンク

わずかながらも、配当による定期収入が入る状態となった

今は300~350ドルが配当として毎月入ってくるような状態です。

現金が定期的に入ってくる状態というのは個人的に心地良い状態です。日々の生活にいろいろな選択肢を与えてくれるんだ、と思います。

これ額のインカムであっても、1ヶ月の間にジムに通ったり、英会話に通ったり、回らないお寿司やフランス料理を食べたり、日帰り~1泊旅行といった目的のいずれかに使えるレベルの額です。家族がいる人ならもっと多様な使い方もできるでしょう。

 

今は支出欲というか、消費欲がそれほど大きくないので、この配当収入は再投資に回すようにしています。とりあえずは、この300~350ドル/月の配当を500ドル相当(年6,000ドル)に持っていきたいと思います。

 

何か必要でもの入りになるとき、経験・スキルに投資したいとき、何かを買いたいとき、誰かとの幸せのために使いたいとき、はたまたサラリーマンなどの時間対価型の収入体系から脱却したいとき、そんなときのために投資を続けていきたいと思います。

お金を稼ぐことと同時に、幸せのために使えるようになりたいと思っています。お金は使ってなんぼですしね。

あわせて読みたい
幸せはお金で買うことができる!|幸せになるためのかしこいお金の使い方を身につけたい話こんにちは、ザリガニです。 投資を通じて資産を最大化する。 多くの人にとって、投資はお金を殖やす・生み出す手段であっ...

 

ということで、今回は米国株投資を始めて1年過ぎたことにあたって雑記をつらつらと書いてみました。

それでは、また。

 

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマン(研究開発職)をしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です