お金のこと

毎月100万円のインカムを達成するための資産形成とは?|戦略を考えてみた話

こんにちは、ザリガニです。

手取り収入として毎月100万円が入ってくる資産は作れないものか、と最近考えていました。

 

個人的な考えではありますが、資産形成において、

  • 「1億円の資産を達成する」といった資産総額的な考え方

よりも、

  • 「毎月50万円の不労収入がある」といったように一定額のキャッシュフロー(インカムゲイン)が定期的に入ってくる資産の考え方

が性に合っているのではないかと考えるようになってきました。

 

今回は、毎月100万円が入ってくるキャッシュフローを達成するための戦略を考えてみました。

100万円という額を設定した絶対的な根拠はないのですが、1つの目安として達成できるといいなという希望的観測の額です。別の言い方をすると、捕らぬ狸のなんとやら、ってやつです。

それでは、どうぞ。

スポンサードリンク

はじめに

どのような状態になれば経済的に自由だと言えるのか?

私は将来経済的自由を達成するべく、資産形成を行っています。

もともとは株式や投資信託など有価証券の取引を通じて資産の最大化を図りたいと考えていました。この考えに関する具体的な中身は、下記の記事にまとめています。

 

さらに一歩進んで、給与収入以外の収入(配当や不動産収入)を多角化し、収入源を複数持つようにしたいと考えるようになりました。

 

毎月100万円のインカムを得るための収入源

いくつかの目標を立てている最中ではありますが、目安の金額として以下のような表を作ってみました。 いずれも手取り額(または税引き後)の金額です。単位は万円です。

年齢 給与 配当 不動産 その他の
収入(ブログ等)
今(32歳) 32 3 0 0.3 35.3万
35歳 35 5 0 5 45万
40歳 40 10 5 10 65万
45歳 45 15 10 10 80万
50歳 50 20 20 10 100万

 

最上段の32歳の行は現時点での手取り収入です。

年齢を重ねるにつれて、各カテゴリーでこのくらいの額を得られないかなぁと考えているところです。

以下に、それぞれのカテゴリーの詳細をまとめています。

スポンサードリンク

給与収入

給与収入は以下のように見積もりました。今の会社で働き続けることを想定しています。

年齢 給与
今(32歳) 32万円
35歳 35万円
40歳 40万円
45歳 45万円
50歳 50万円

 

今32歳で、手取りの給与収入が月額32万円前後です。ボーナスは含みません。偶然なことに、(現年齢)×(1万円)と同程度の給与水準です。

今後も、定期的な昇給増加分と年次の評価による昇給で数千円台の増加が見込まれます。加えて、数年ごとの職務グレードの上昇によるプラスアルファを考慮すると、35歳で月額手取り35万は達成可能なのかなと考えています。

 

40歳以降は管理職への昇格が叶えば達成できそうな数字です。それぞれ管理職での職務給が上がっていけば、上記表の数字はある程度実現可能な数字なのかなぁ、と思っています。

この表では、ボーナスを含めていません。年間のボーナス額を12ヶ月で按分して付け加えると、現時点でも月額40~45万近くにはなりそうかな、という感じです。ボーナス込みだと40歳時点で手取り月額50万は達成できるかもしれません。

 

以上のように、本業をしっかり取り組んで結果を出していれば、達成可能な数字に思われます。

スポンサードリンク

配当収入

次に配当収入です。

今年2018年から配当中心の投資を始めました。現在月額およそ300ドル前後の配当を手取りで得られるようになりました。配当再投資および追加買付を繰り返して、この配当収入を増加させたいと考えています。

年齢 配当
今(32歳) 3万円
35歳 5万円
40歳 10万円
45歳 15万円
50歳 20万円

 

今後およそ20年かけて、50歳までに配当を月額20万円を達成するためには、配当再投資に加えて、以下の額の追加投資が必要な計算になりました。

  • 33歳~40歳:毎年270万円前後の追加入金
  • 41歳~50歳:毎年300~350万円前後の追加入金

この算出には、ポートフォリオ全体に対する配当利回りを4.3%/年(税引前)、各年の増配率を4.5%、源泉徴収される税金は米国分10%+日本分20%として計算しています。(本記事では、この計算に掛かる詳しい条件は割愛します)

現時点においても、年間230~240万前後を投資に追加入金できている状態です。少なくとも40歳まで今のペースで追加入金を続けていくと、40歳時点で月額10万円の手取りは達成できそうな見込みです。

 

ただし、40代以降になると、追加入金額が大きくなってくるので、工夫が必要になってきます。

外国税額控除に掛かる確定申告を毎年確実に行う、高配当株の組み入れ比率を高める、ADR銘柄を活用する、NISA口座を使う、などのいろいろな工夫をして、目標達成に必要な追加入金額のハードルを下げていく必要があります。

とはいえ、当面40歳までを見据えた場合にはおおむね達成できそうな数字なのかなぁとも考えています。

スポンサードリンク

不動産収入

最近私の中でいろいろ考えているトピックです。

インカムゲインをもっと大きくしていきたい場合、不動産投資による収入も活用したいなぁと考えるようになってきました。

前項の配当収入欄で触れたように、月額20万の配当を得ようとすると、200~300万円台の追加投資を今後10数年も続けていく必要があります。

追加投資を行っていくための原資として、現在の会社員としての給料収入は欠かせません。配当収入を先述のレベルに持っていくには今後15~20年は会社員を続けることになると思います。

 

私は当面は会社員を続けていく予定です。幸いにも今の会社は環境にも恵まれ、楽しく働くことができています。

現職の勤続年数も長くなってきました。どのみちあと15~20年も会社員として働いていくのなら、サラリーマンとしての属性も最大限に活かし、不動産投資を通じて資産形成を加速させて行きたいなと思うようになりました。

 

とはいえ、不動産投資に関する知識は現時点でほとんどありません。最近書籍をいくつか読み始めたレベルです。

将来どれくらいのインカムが入ってくれば良いのかも考えていないところですが、仮に以下のようなプランを考えてみました。月額の手残りでこれだけキャッシュフローが回るといいなという希望的観測です。

年齢 不動産
今(32歳) 0
35歳 0
40歳 5万円
45歳 10万円
50歳 20万円

 

30代のうちは収支ゼロの状態にしています。

すぐに不動産投資に手を出すのではなく、原資を用意しつつ、まずはしっかり知識を仕入れたり、この領域の先輩・メンターとなる方々に話を聞いてみたりしてみたいと思っています。

スポンサードリンク

ブログ等のその他の収入

こちらは副業的な収入ですね。

ブログを通じた収入(アフィリエイトやGoogle adsense)などの収入がこちらに入ります。

ブログを始めておよそ半年が過ぎました。現時点ではまだまだ小さな額ですが、少しずつ収入は増えてきています。まずは今後3年間、35歳時点で月額5万円のレベルを見越して育てていきたいと思っています。

年齢 ブログ等の
収入
今(32歳) 0.3万円
35歳 5万円
40歳 10万円
45歳 10万円
50歳 10万円

 

その後、ブログ関連収入のみで10万円台を目指すかどうかは分かりません。

もしかしたら不動産収入の額を高めて、こちらのブログ等収入の額を低めるかもしれません。

その他にも太陽光投資等、いろいろな可能性を探っていきたいと思います。収入の多角化ですね。

終わりに

今回の記事では、資産形成について今私が考えていることをまとめてみました。

私は経済的な自由を達成して、場所と時間にとらわれない生き方ができればいいなと考えています。特に会社員として時間投入型の報酬体系に依存しないようにしたいと思っています。

 

個人的な感覚ですが、将来の総資産額を計算するより、毎月のインカムベースで物事を考える方が楽しいことに気づきました。

本記事の冒頭の表を再掲します。将来このような額の収入を得られるようになりたいな、という願望を込めた表です。

年齢 給与 配当 不動産 ブログ等の
収入
今(32歳) 32 3 0 0.3 35.3万
35歳 35 5 0 5 45万
40歳 40 10 5 10 65万
45歳 45 15 10 10 80万
50歳 50 20 20 10 100万

給与と配当金額については以前からいろいろ考えていた数字をそのまま充てました。他のカテゴリーの数字に根拠があるわけでなく、年齢を重ねるにつれてこれくらいプラスアルファになるといいな、キリのいい数字になるといいな、という形ではめ込めたものです。

これを達成できれば、50歳の時点で手取りで月額100万円、年間1,200万の収入になります。会社員としての給与を除いても、月額50万円が確保できるもくろみです。

 

下記の記事でも、「経済的自由」を達成するための額を月額50万円と算出していました。給与以外の収入を月50万と設定するのは、私にとってある程度妥当な額なのかもしれません。

経済的自由を達成する話②:ザリガニの夢の実現コストこんにちは、ザリガニです。 前回の記事では「夢の実現コスト」について紹介しました。 今回の記事では、この考え方に基づいて私ザ...

 

将来、独身を貫いていくのであれば、ここまでの額は必要ないでしょう。

とはいえ、今後家族・子どもをもうけていったときに、日々の生活にゆとりがもてる、家族の幸せのためにお金を使える、やりたいことを我慢することなく実現できる、こどもへの教育機会を提供できる、そんな家計を作りたいなと思っています。

 

つくづく、自分はお金のことを考えるのが好きなんだなぁと思いました  (・ω・) 笑

引き続き、勉強と実践を続けていきます。

それでは、また。

 

###
関連記事です。

米国株投資をはじめて1年が経ったことを振り返って、株式投資に関する考えをまとめた記事です。

【雑記】米国株取引をはじめて1年が経って思うことこんにちは、ザリガニです。 米国株配当の記録を取りまとめていたときに気が付いたのですが、米国株投資を始めてきて1年経ってい...

 

\応援クリック頂けると嬉しいです/
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ABOUT ME
ザリガニ
本サイトの管理人・運営者のザリガニです。 東京で外資系化学系メーカーのサラリーマン(研究開発職)をしています。 主に投資・家計・資産運用に関する記事を紹介します。ときどき運動や英語の勉強なども書く雑記ブログです。 趣味は運動と旅行。山登りと筋トレ、ランニングなど。犬と猫も好き。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です